乗る人を 夢の世界へ連れゆく馬と馬車 

そういえば私たち、ここでよくしりとりしていたね

私たちはいつも「ん」で始まる言葉を探し続けた

「ん」
「ん」

「ん」で終わる言葉はあっても「ん」で始まる言葉がいつもない

あの最後の夏の日、私たちはメリーゴーランドに乗った

あの時も「ん」で始まる言葉を探し続けた 



終わることなく続く夢への道

くり繰り返す夢の言葉 繰り越しの言葉は過越の言葉

私の番になり

私は意を決して宣言する

「永遠」

夢の旅もこれで最後になるだろう

しかし次元を超えるための回転は永遠に止まる事がなく 

無限の物語は続いていくのだ